住宅の検査ってそもそも何?新築一戸建て検査の必要性やメリットなどポイントなどをご紹介

新築一戸建て検査は不動産会社や施工会社などと関わりがない第三者検査機関が実施

新築一戸建ては施主検査や完成検査を引き渡し前に実施することになりますが、完成の場合は完成後に実施する新築一戸建て検査になりますが、施主の場合は引渡し前だけでなく場合によって建設途中(基礎工事完了後)などに実施することもあります。
完成検査の場合は、建具やサッシなどの立て付けの良し悪しや図面通りにコンセントや扉の開閉方向が出来ているのか、壁などに傷がないのかなど素人でも判断ができる新築一戸建て検査になります。
しかし、床下や壁の内側など施工途中で行われる新築一戸建て検査は素人では判断が難しいもので、第三者検査機関に委ねることで住宅の不具合箇所を見つけ出して適切な改善指示を出すことができます。
なお、この第三者検査期間は住宅を販売している不動産会社や施工会社ではなく、これらの会社との関わりがない建築士などで家の構造などに詳しい専門家です。
このような専門家が立ち会ってくれることからも注目を集めているようです。

公平の観点から実施できる新築一戸建て検査のメリットは多い

新築一戸建て検査は、公平の観点から安全性の確認を行うことができる点で非常に魅力的です。
元々、新築一戸建ては建築基準を満たした、生命や財産をきちんと守ることができるだけの状態になっていないといけません。
しかし、現実的な問題として新築一戸建ての購入でトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。
このような問題点を簡単に解決できるのが、新築一戸建て検査の魅力です。
新築一戸建て検査は、第三者機関を利用して行うことができるものです。
例えば、販売業者が新築一戸建て検査を行ったとしてもそこには不正を行う余地が生まれてしまいます。
取引をして購入を希望している人にとっては、実際に本当に不正なく検査が行われているかどうかは判断が付きません。
そこで、第三者機関がこのような作業を行うことで信用性を得られるようにしています。
公平の観点から正しい検査を進めていくことができますので、より不動産取引を安全に進められるメリットがあります。

メインキーワードに関する情報サイト
新築一戸建て検査って何?

このサイトは、新築一戸建て検査の必要性やメリットおよびポイントについて初めての人でもわかりやすくご紹介しており、住宅の検査とは何を意味するものか基本から分かるようになっています。検査を行うのは不動産販売会社や新築の家の施工を行ったハウスメーカーや工務店などではなく、これらとは関わりがない第三者機関が実施するのが特徴です。また、一口に第三者機関といっても色々なので選び方のコツなどについても触れているため参考にされると良いでしょう。

Search