住宅の検査ってそもそも何?新築一戸建て検査の必要性やメリットなどポイントなどをご紹介

このサイトは、新築一戸建て検査の必要性やメリットおよびポイントについて初めての人でもわかりやすくご紹介しており、住宅の検査とは何を意味するものか基本から分かるようになっています。
検査を行うのは不動産販売会社や新築の家の施工を行ったハウスメーカーや工務店などではなく、これらとは関わりがない第三者機関が実施するのが特徴です。
また、一口に第三者機関といっても色々なので選び方のコツなどについても触れているため参考にされると良いでしょう。

住宅の検査ってそもそも何?新築一戸建て検査の必要性やメリットなどポイントなどをご紹介

新築一戸建て検査は施主検査と呼ばれるもので、家が完成した後だけでなく建設途中でも行うことができます。
完成後の場合は内覧会などのように呼ばれることもあるのですが、一般的に新築一戸建て検査は完成後に購入する人が完成度をチェックしたり不具合箇所を調べて必要に応じて改善の依頼するなど目的で行われるものです。
しかし、新築一戸建て検査は第三者機関を使うことで素人では見ることができない住宅の隅々までチェックが可能になる、このようなメリットがあります。

新築一戸建て検査は住宅診断やホームインスペクションと呼ばれることもある

新築一戸建て検査は建物が完成して引渡し前に行うだけでなく、建築途中に行うこともできます。
ただ、建築途中での新築一戸建て検査は見るべきポイントや確認の方法など専門的な知識が必要になるので、素人が行うよりも建築士など第三者機関による検査が中心になります。
建築途中の場合は、施主から申し出ないと工務店などの施工会社がそのチャンスを与えてくれないことも多いといいます。
そのため、このような暗黙のルールがあることを知らずに完成を迎えるケースは多いわけです。
建築工事請負契約を締結する時点で、建築途中や完成後の施主検査があるのか事前にいつ頃実施するのか施工会社側に確認しておきましょう。
建築途中の施主検査は、住宅診断やホームインスペクションなどのように呼ばれることもあるのですが、これは施工中に第三者の専門家に対して依頼することが多い新築一戸建て検査です。
プロの視点でチェックして貰えるので不具合の有無などの早期発見に役立てることができます。

新築一戸建て検査は建築士など有資格者に不具合やトラブルの可否を調べて貰うもの

新築一戸建て検査は、有資格者に行ってもらうことが基本です。
どういった観点から不具合が存在するのかがわからないと、検査をする意味もなくなってしまうからです。
新築一戸建て検査では、項目をきちんと準備しておいてそれを基準として確認作業を進めていきます。
一般的に、不動産取引で大きなトラブルになるのは購入した住宅に欠陥があった時です。
この場合、将来的にも安心して生活を行うことが出来なくなるのでその責任を取ってもらわなくてはいけません。
しかし、実際に最初から欠陥があったということを証明するためにはその最初の段階で購入者に過失が存在しないということを証明する必要があります。
この時に役に立つのが、客観的な判断が可能な新築一戸建て検査というものです。
客観的な観点から資格者さんがいくつかの項目に該当する部分をチェックして、購入者さんに瑕疵がないことを証明してもらうことができるようになります。
ですから、将来の安定性を考慮してもこのチェックは非常に重要です。

新築一戸建て検査はこれから生活する上での安心を得ることができる

新築一戸建て検査には建築確認と中間検査、そして完了検査という三種類で構成されています。
いずれも所轄する建築指導課や行政が認め指定した民間企業が実施し、合格しなければ工事に着手する事や次の工程に進む事も許されないものとなっています。
完了検査はいかに建物が完成したと言っても、合格することが建築物として使用する事が許されません。
このように全てが建物を新築する際には合格することが必須であり、その全ての根拠となっている法律が建築基準法です。
建築基準法とは日本国内に建築される全ての家屋に遵守を課された法律で、この法律は国民の安全や健康に財産等を守る為に制定されたものです。
要は新築一戸建て検査に合格した建物は建築基準法の指定に則ったもので、そこで長く生活していく上での安心感を得ることを満たしているものと言えます。
また、その全ての検査に合格した証しとして発行される書類が検査済証で、この書類そのものの再発行は為されませんので資産価値を守る為にも大切に保管しましょう。

新築一戸建て検査は怠慢による欠陥や施工ミスの予防にも効果的

住宅を建築する際には、依頼先の工務店やハウスメーカーに全てを任せることが多い傾向にありますが、後からトラブルにならないためや、欠陥住宅にならないようにするには、建築中に新築一戸建て検査の専門会社に依頼をすることは効果的です。
第三者機関として新築一戸建て検査になることから、施工会社の怠慢による施工ミスも防ぐ効果を発揮することができ、問題があれば随時専門会社側で対応をしてもらえるので施主にとっては魅力的な存在になります。
怠慢による欠陥や施工ミスの内容には、本来の設計図よりも壁が薄く作られている可能性や、断熱材が不十分な事例、柱と梁の接続部には本来であれば耐震性を強化するために取付けを行うものの、金具を省いてしまう予防にも大きく貢献しています。
新築一戸建て検査は専用の機器類を駆使して検査をする項目と目視検査を実施しているので、例えば床下や基礎部分などに手抜き工事が行われていたとしても全てを点検できる能力とノウハウによって完璧な家作りに成功できます。

新築一戸建て検査に関する情報サイト
新築一戸建て検査って何?

このサイトは、新築一戸建て検査の必要性やメリットおよびポイントについて初めての人でもわかりやすくご紹介しており、住宅の検査とは何を意味するものか基本から分かるようになっています。検査を行うのは不動産販売会社や新築の家の施工を行ったハウスメーカーや工務店などではなく、これらとは関わりがない第三者機関が実施するのが特徴です。また、一口に第三者機関といっても色々なので選び方のコツなどについても触れているため参考にされると良いでしょう。

Search